· 

貴社の社内研修をさらによくするために



 会社である組織と社員個々の関係を維持するためには、社員側が次の2つの意識を忘れないことと、そのバランスを保っていることが重要です。

 

 「組織への貢献」-「自分への成長支援」

 

 「組織への貢献」の意識が強くなり続けると、組織としては好ましいようですが、個人としては、自分の仕事が自分のためになっているかどうかがわからなくなってきます。場合によっては退職感情につながります。

 

 また「自分への成長支援」の意識が強くなり続けると、自分は満足ですが、周囲から仕事をしていないように見られてしまいます。場合によっては、周囲からの退職圧力による退職感情につながります。

 

 したがって、一時的にどちらかに偏ることもあるかと思いますが、長期的には社員個人個人が、退職感情につなげないためにも、この2つのバランスを思い出し、振り返るということが大切なのです。

 

 この度、「貴社の社内研修をさらによくするために」という目的で、「組織への貢献」と「自分への成長支援」の考え方も含めた「セルフデベロップメント研修」を実施します。若年層の方に限らず、多くの階層の方に、今の状況で考えていただきたい観点です。

 

 主には社員向けの研修ですが、人材開発担当者、研修担当者のご参加でも大丈夫です。一社員として、お気軽にご参加ください。

セルフデベロップメント研修

(上の画像をクリックするとサービスページへリンクします。)