(4)研修思考・研修言語の共有

お互いを指摘し合える講師チーム

 研修部内の講師同士でよくありがちなことは、お互いを具体的に指摘し合えないという点があります。理由は3点です。1つ目は指摘するための観点を知らないということ、2点目は指摘すると自分も指摘されるという怖れ、3点目は、時間的に他の講師を観察している余裕がないということです。



 このようにお互いが指摘し合えないと、各々が自分なりの解釈で研修の自己流化がより深まっていきます。そのような発散的な講師チームにならないように、講師認定資格CTT+にある「12の講師スキル」で、研修思考・研修用語を共有していくことは、研修方法を深めていく意味で非常に意味があることなのです。