講師認定資格CTT+合格おめでとうございます!

 この講師認定資格CTT+に合格されたあなたがさらに飛躍するために、今回の取組み全体を振返ってみましょう。この振返りによって、あなたの意識に残ったことをご自身で自覚してみるのです。また、あなたの生のお声が、今後におけるCTT+を受験する方に大きな勇気を与えます。ご負担のない範囲で結構です。次の「合格体験記」の記録をお願いいたします。

※あなたの会社名、個人名が特定されない範囲で弊社HP等に掲載させていただくことがあります。予めご了承のほどお願いいたします。

【入力フォーム】「講師認定資格CTT+合格体験記」

メモ: * は入力必須項目です

*CBT、PBTの点数は(秘)でもかまいません。

<参考例文>


(1)合格した感想

例)なんとか受かったという感じです。CBTは1度不合格だったので、2回目の受験は相当念入りに学習をしました。PBTはビデオ撮影を通常2回のところを、念のため3回行いました。


(2)お取組の中で特に注力した点は?

例)CBTもPBTも受講者中心の考え方を徹底させたところです。


(3)合格するためのポイントは?

例)

1)とにかく受講者中心の観点で考えること、行動すること

2)CBTは、eラーニング(問題集)を考えながら徹底的に行うこと

3)PBTは、とにかくリハーサルを念入りに行うこと


(4)ここに注意した方がいいよ!

例)

・CBTは意外に難しく、のんびりしていると時間が不足するところ

・PBTはビデオ撮影と補足ドキュメント(フォームC)作成を、両方しっかりと行うこと


(5)<研修準備-実施―振返り>における自分なりに見出したポイントをお教えください。

例)・研修講師実施の際のポイント

(1)言葉に留意してスライドを作る

(2)受講者情報を収集し、研修で活用する

(3)発問を適度に入れ、受講者の思考を活性化する