【合格体験記】(2019年11月度)講師認定資格CTT+



講師認定資格CTT+合格情報

・CTT+お取組み開始月:2019年8月

・CTT+合格月:2019年11月

・知識テスト(CBT)点数:699点

・実技テスト(PBT)点数:39点


(1)合格した感想をひとことで言うと?

安心しました。講師として一回り成長することができたと思います。

 


(2)お取組の中で特に注力した点は?

実技テスト(PBT)の撮影に向け、どのようにしたら受講者の皆様に伝わるか、理解してもえるか、という観点で準備に努めました。加えて模造紙とマグネットを活用して、受講者が現場をイメージできるような補助教材の工夫にもチャレンジしました。

 


(3)この講師資格に合格するためのポイントは?

受講者中心の考え方をどれだけ整理できるかが重要だと思います。

知識テスト(CBT)の準備ではWeb問題集を何度も繰り返し、答えと参考書を照らし合わせながら、受講者中心の考え方を整理しました。

実技テスト(PBT)撮影本番では自信を持って、とにかく落ち着いて実施することが大切だと思います。


(4)ここに注意した方がいいよ!

知識テスト(CBT)は悩む問題を後回しにし、わかる問題からどんどん回答していくことです。時間が足りなくなってしまいます。悩んだり集中しすぎたりして時間の管理がおろそかにならないように注意が必要です。

実技テスト(PBT)は準備に時間と労力を惜しまないこと。納得がいくまで十二分に準備に取り組むことが必要です。私は講師の方に相談してアドバイスをお願いするなど、不安な点や疑問点を残さないようにしました。


(5)<研修準備-実施―振返り>における自分なりに見出したポイントをお教えください。

・自信をもって落ち着いて臨むこと。

・発問を活用するなど受講者とのコミュニケーションを促進し、受講者とともに研修を作り上げること。

・事前の受講者情報の収集、事後の評価と受講者フォローが大切なこと。


(6)その他、言っておきたいことはありますか?

CTT+取得支援研修を通して受講者中心の考え方と講師のポイントを学ぶことができました。これからも資格取得を通して学んだことを実践し、受講者の期待に応えられる講師へ成長していきたいです。



*この受講者が受講した研修は、次の研修です。