講師資格・合格体験記(2019年2月度)


 2019年2月に講師資格合格者の方から、以下の情報をいただきましたので、ご案内いたします。今後、講師資格へのチャレンジをご検討の方は、ご参考までにご覧ください。

講師認定資格CTT+合格情報

・CTT+お取組み開始月:2018年11月

・CTT+合格月:2019年2月

・知識テスト(CBT)点数:681点

・実技テスト(PBT)点数:37点


(1)合格した感想をひとことで言うと?

安心しました。知識テスト(CBT)は急いで受けたので、念入りに勉強したかったという感想があります。実技テスト(PBT)は2回目が楽な気持ちで行えたので、それがよかったのだと思います。


(2)お取組の中で特に注力した点は?

知識テスト(CBT)の表現にクセがあると思いましたので、そこの理解に努めました。私は声があまり大きくはないようでしたので、実技テスト(PBT)は発声の大きさに注意を払いました。


(3)この講師資格に合格するためのポイントは?

 講師認定資格CTT+は、受講者中心の考え方であるという前提を忘れてはいけないということが一番大事だと思います。

 知識テスト(CBT)は、eラーニングと実際の試験での表現に違いがあるので、その言葉の意味をよく考えてから回答を考えるとよいと思いました。

 実技テスト(PBT)は、「落ち着いてやること」が一番だと思いますが、実際は無理だと思います。あらかじめ、どんな講義をするのか強くイメージを持っておくことが大切だと思いました。


(4)ここに注意した方がいいよ!

CBTは言葉の表現にクセがある。

PBTの撮影の時は、自信を持った態度を崩さないように心がける。


(5)<研修準備-実施―振返り>における自分なりに見出したポイントをお教えください。

・資料は簡単、明確にする。

・詳しい説明は別紙にするなどの工夫をする。

・発問はまず肯定する。

・受講者とのコミュニケーションが大事。


(6)その他、言っておきたいことはありますか?

 今回はまったく別分野の資格への挑戦でしたが、なんとか合格できました。CTT+資格の研修も初めは戸惑いましたが、講師として必要なスキルと経験を学ぶことができました。



*この受講者が受講した研修は、次の研修です。