(オ)講師認定資格CTT+の詳細手続き

講師認定資格CTT+バウチャーとは、テスト代金の支払いと引き換えに発行されるテスト証書番号です。知識テスト(CBT)、実技テスト(PBT)は、それぞれの専用のバウチャーとして購入する必要があります。購入サイト、試験申込みサイトなど管理会社が異なっているので、注意して手続きをしましょう。

資格団体のコンプティアは、毎年7月~翌年1月までの約6ヶ月間、知識テスト(CBT)のキャンペーンを行っています。それを「フリーリテイクキャンペーン」と呼び、1回目のCBT受験で不合格でも、2回目のCBT受験が無料というものです。

CTT+の各バウチャーは、「コンプティアストア」で購入することができます。もともとが英語のサイトで、日本語に自動翻訳しているので、わかりにくい点がありますが、ご希望のバウチャーを注意して選択し、ご購入ください。

講師資格のCTT+(CBT・PBT)の請求書または領収書の入手の仕方についてご案内します。会社の経費精算などで、どうしても領収書が必要な際にご覧ください。

知識テスト(CBT)、実技テスト(PBT)における2つのテストの際に出てくるのが各種サイトへの「ログイン」です。しかし、管理会社が分かれているので、わかりにくいとよく言われます。そこで次にわかりにくい2点を解説しました。

 講師認定資格CTT+合格後、「CompTIA career ID」を使った手続きにより、認定証として入手できるものを紹介します。