(4)CTT+知識テスト(CBT)の学習ステップ

4つの学習ステップ

 書籍とWEB問題集を活用した、4つの学習ステップを次に示します。次のステップ1にあるように書籍等で問題感覚をつかんでから、WEB問題を活用し、ステップ2からステップ3、ステップ4へとレベルを上げていきましょう。


補足説明

▼ステップ1

 書籍「組織内研修の極意」には、12の講師スキルの章末毎に「チェックテスト」と称した問題が2~3問入っています。ここで問題のイメージを掴むことができます。

 

▼ステップ2

 WEB問題集「組織内研修の極意リピートテスト」には、約300問の問題があります。5領域5問~10問の小テストと、50問の総合的なテストがあります。このWEB問題集には正誤理由が書いてないものもあります。書籍でその正誤理由を自分で考えてみると、応用力が着きます。

 

▼ステップ3

 本番の知識テスト(CBT)は、正解率70~80%です。したがって、WEB問題集の50問テストでは、40問以上正解の80%以上の正解率を目指しましょう。

 

▼ステップ4

 本番の知識テスト(CBT)は、90分間で95問を回答します。約1問/1分のスピードで解くということになります。したがって、学習ステップの後半では、WEB問題集の50問テストを50分~30分で解けるようにしましょう。

 

*上記の4つの学習ステップにおいて、知識テスト(CBT)への自信が付いたら、受験手続を経て、受験しにいきましょう。