<2015年5月>CTT+・合格体験記(1)


質問項目

<記述欄>

お取組開始月

20151

合格月

20154

CBT点数

673

PBT点数

38

(1)合格した感想を

ひとことで言うと?

 

「すごくうれしい」

ギリギリでもいい、1回で受かりたい!と思っていたので、1回で合格できた事が本当にうれしかった。PBTCBT共に土日を使い短期集中型で頑張りました。

(2)お取組の中で

特に注力した点は?

 

 

PBT・・・CTT+講座の1日目に撮影したビデオの中で、立ち居振舞い、声の出し方が一番良くできたものを繰り返し見てイメトレし、自己流に戻らないようにしました。

CBT・・・eラーニングを中心に学習しました。合格が連続で10回出るまで繰り返して、考え方を刷り込みました。

(3)合格するための

3ポイントは?

 

 

    PBTCBT共に、「受講者中心」という軸がぶれないようにすること

    PBTの練習は、毎回本番だと思って、本番と同じ事をやること

③ CBTは連続合格できるまで繰り返すこと

(4)ここに注意した

方がいいよ!

 

 

 

PBTは、内容を詰め込みすぎない方がいいです。⇒時間が足りなくなり、一方的な講義になってしまう。

 

CBTは、悩んでいる時間は一切無い!と思って受験してください。⇒英語に切り替えたり、散々悩んだりした結果、最後の問題を終えたのが終了30秒前でした・・・。

(5)実際の講師業務においても役立つことは何ですか?

計画・準備・講義中・・・あらゆる場面で迷ったら「受講者中心」という考えに立ち戻る軸ができた。

(6)その他、言っておきたいこと

私は、講師ではなく研修事務局ですが、研修の企画運営、効果測定・・などを行う上でも役立つ内容でした。 研修業務に携わっている全ての方に役立つ内容だと思います。



関連情報