2014年12月・CTT+合格体験記(1)

質問項目

<記述欄>

お取組開始月

20148

合格月

201412

CBT点数

743

PBT点数

38

(1)合格した感想を

ひとことで言うと?

 

 

研修講師を日常業務としていないため、とにかく合格できてホッとしました。

(2)お取組の中で

特に注力した点は?

 

 

 

PBTでは、受講生との相互のやり取りは慣れていないため、かなり気を使いました。

CBTでは、eラーニングの模試で満点が取れるように、模試を繰り返して勉強しました。

(3)合格するための

3ポイントは?

 

 

 

1CBTは、解答に迷ったら受講者にとってのメリット・安全・ベネフィットを優先して選択すること。

2PBTは失敗したとしても、ビデオを細かく観察して、振り返りですべて記述すること。

3PBTは、リハーサルでの受講生からのフィードバックを活用して、本番に活かすこと。

(4)ここに注意した

方がいいよ!

 

 

 

CBTは、コース開発者、施設管理者、トレーナーの役割を明確に区別して理解していないと正しい解答を選べません。通常の研修時はすべて自分でおこなっているため役割の区別が難しかったので、注意が必要と思いました。

(5)実際の講師業務においても役立つことは何ですか?

 

 

・受講生・職場の期待を、今まで以上に強く意識することができるようになったと思います。

・進行時の時間調整について迷うところがあったのですが、どうすればいいのか理解できたので、今後に活用したいです。

(6)その他、言っておきたいこと

 

今回は先にビデオ撮りを行い、そのあとCBTまで2ヶ月勉強しない期間があったので、思い出すまで苦労しました。一息にやってしまえばよかったです。