社内講師向け・新人研修サポートツール5点

 社内講師・スキル向上アドバイザーの佐野雄大(さのたけひろ)です。

 

 先月までは、新人研修の社内講師・ご担当者様向けに少しでも準備負担が軽

減できたり、質の高い研修に近づけるように次の5点をご案内させていただき

ました。

 

(1)仕事を任された時の基本行動ポイント:印字模造紙

(2)新入社員を研修中に前向きにさせる工夫:(説明資料)

(3)新入社員に行動を考えさせるケーススタディーの作り方:(説明資料)

(4)仕事を任されたときの基本行動ポイント:ジャバラ携帯メモ(用紙)

(5)雑談力向上練習・テントカード:印字用紙

 

 これらの5点は次の意味を持って提供させていただきました。

 

(1)現場で実践する際の、最低限のポイントを明確に伝える

(2)未知の現場における業務のイメージを促す

(3)現場での適切な行動を考えさせる

(4)現場の業務の中でも学べることを意識させる

(5)仕事の関係者の把握に務める

 

 繰り返し申し上げますが、一方的な知識内容の伝達だけでは、配属後におけ

る新入社員の動きはよいものになりません。また、業務イメージを与えないま

配属後に関係のない難しいテーマを話し合わせ続けるのも問題があります。

 

 配属後、新人をつまづかせないための重要な点は、以下の3点です。

 

 <理解>-<適用>-<工夫>

 

 この3点を念頭に新人研修を調整してみてください。

 

ダウンロード資料は、こちらです。