新入社員に主体性を促すために必要な「順序」

 社内講師養成アドバイザーの佐野雄大(さのたけひろ)です。

 

 4月の新入社員研修がさらに近づいてきました。先日、新入社員に関するご

質問を研修部ご担当者様からお聞きしましたので、ご紹介します。

 

 

「新入社員に主体性をはやく持たせるには、どうしたらよいですか?」

 

 

 3-4年前ぐらいからよく言われていることですね。この問いについてはい

ろんな観点からの回答があります。

 

 私自身は<理解-適用-工夫>という3つのキーワードを提示して、順序立

てて丁寧に進めてくださいとお伝えしています。具体的には以下の順序です。

 

 

 レベル1・・・基本を理解するレベル

 

 レベル2・・・基本を業務に適用するレベル

 

 レベル3・・・業務に適用した後、自分なりに工夫を積むレベル

 

 

 そうなんです。「主体性」に該当するところは、上記でいうと「レベル3」

以上なのです。このレベル3ぐらいで、新入社員自身が、目に見えて、早くで

きるようになった、成果物がたくさんできるようになった、・・・と自覚でき

ると、この主体性はどんどん引き出されてくるのです。

 

 

 つまり、一足飛びに主体性にアプローチするのは難しいのです。そして、レ

ベル3に行くためには、レベル1、レベル2という通過点が重要ということに

なります。しかし、よくお聞するレベル1、レベル2の現状は以下のとおりで

す。

 

 

 レベル1・・・新人研修であれもこれも伝えている

 

 レベル2・・・適用に関して研修部では現場にまかせたつもり

        

        現場は基本を適用させるという意識は全くない(聞いてない)

 

 

 これではご要望の「主体性」を持たせるには、新人個人のがんばりに依存す

るしかありませんね。

 

 

 そこで今日はレベル1に焦点を当て、新入社員・基本に関する印字模造紙を

ご紹介いたします。ご参考までにご活用くださいませ。

 

【無料ダウンロード模造紙】新入社員・基本の理解