<ステップC>受講者との対話を練習する研修

【概要】<ステップC>受講者との対話を練習する研修

研修内容

 研修時において受講者へ一方的に話すのではなく、受講者への発問を通じて受講者の理解を促進する方法を練習します。


対象者

・社内の関係者から社内研修を依頼された方

・これから社内研修を予定している社内講師の方

・社内研修講師として受講者とのやりとりを学び直したい方


研修時間

・1日間:10:00~17:00(昼食1時間)


研修ポイント

・すでにお持ちの研修スライドをもとに各スキルの練習をします。(研修当日はパワーポイントが入ったノートパソコンをお持ちください。)


使用テキスト

・書籍名:『プロフェッショナル・トレーナーへの道』(日経BP社)

 -価格:6,264円(税込)

 -お持ちでない方は、アマゾンまたは弊社にてご購入ください。


【詳細】<ステップC>社内研修講師のための受講者との対話を練習する研修

研修目的

研修依頼者の期待に応え、受講者の業務に役立つ社内講師になること


研修目標

受講者と対話するための3つのポイントを理解すること

 1)発問(講師から受講者への問いかけ)

 2)ワークの指示出し

 3)受講者の発言・発表の受け止め方


PDF資料

 

←このページと同じ内容のPDF資料をご用意しております。


研修の進め方


<10:00開始>

10:00~

▼この研修の概要説明

 -講師によくありがちな3つのこと

 -コース目的/コース目標/進め方/講師紹介/受講者紹介

 


11:00~

発問の基本

 -講師が受講者へ問いかけができない3つの理由

 -準備と即興の2つの発問パターンができると理想

 -研修内容と受講者の経験をもとにした発問の仕方

  *研修内容に関する3つの観点

  *受講者の経験に関する3つの観点

 

▼受講者の発言の受け止め方

 -受講者の発言に講師が反応しないと受講者は不安になる

 -受講者は講師の受け止め方に影響される

 -受講者の発言に対する7つの受け止め方

 


<12:00~13:00昼食時間>

13:00~

発問練習

・自分の好きなことを話す簡易練習

・自分の研修スライドを使った発問練習

・1枚のスライドで結構たくさんの発問ができる


15:00~

ワークの指示出し

自分のスライドを使ったワークの指示出し練習

・不適切な指示をすると、受講者から進め方に関する質問が多くなる

・指示がうまくできると、受講者が自ら話し合うようになる


16:30~

この研修の振返り

・いままでの自分はどうだったか?

・今回の研修で何が得られたか?

・今後の研修機会で意識したいこと


<17:00終了>

研修場所

 

〒104-0061 東京都中央区銀座6-16-12

 ベンチャーデスク・5階セミナールーム

 (1)地下鉄 東銀座駅 4番出口から 徒歩3分

 (2)地下鉄 銀座駅 A3出口から 徒歩6分


費用・日程・お申込み・お問合せ

研修費用

研修受講費用:32,400円(税込)/1名様

・研修時間:1日間(10:00~17:00)

 *昼食は各自でご用意ください。

 *1名様から実施可能です。


※1:お申込み後に日程等をメールまたはお電話にて確認させていただきます。

※2:日程等確認後に、お見積書を送付いたします。

※3:実施月の翌月・月末までの銀行振込支払いをお願いしております。

※4:東京首都圏より遠方の場合は、交通費・宿泊費をいただく場合があります。


2017年

12月

09日

【日程】組織内講師・実践支援シリーズ

公開研修日程

 <選択コース>

 □<ステップA+>組織内講師の基本言動を練習する研修

  □2017年1月30日(火)10:00~17:00

  □2017年2月19日(月)10:00~17:00

  □2017年3月14日(水)10:00~17:00

 

 □<ステップB+>組織内研修で使うスライド資料をチェックする研修

  *個人またはグループ指導で貴社にお伺いします。

 

 □<ステップC>受講者との対話を練習する研修

  実施日未定 


  受講希望の方は、こちらにてお申込みください。お見積り書を送付いたします。(お問合せもできます。)