(3)講師資格CTT+についてよくあるご質問


(1)講師資格の認定団体


この講師資格は、

エイチ・アール・ディー研究所で作った資格ですか?



いいえ、違います。

 

 このインストラクター資格は、エイチ・アール・ディー研究所で作った資格ではありません。資格認定団体のCompTIA(コンプティア)が作った資格です。

 

 この資格は、世界の主要な企業のプロ・インストラクターが持つ能力を可視化・標準化したもので、米国コンピューター技術産業協会(コンプティア)によって作られました。

 

  マイクロソフトやアドビの認定要件である「インストラクターとしての証明」として可能な資格となっており、2016年5月現在、グローバルで30,000人以上の資格保有者がおります。


 弊社はこの講師資格取得を支援するトレーニング会社です。この資格取得を支援するトレーニングプログラムは、弊社で開発し公開研修として実施しております。詳しくは以下ご覧ください。



(2)試験


この講師資格は、どんな試験なのですか?

 



 この講師資格の正式な呼び名は、CTT+(シーティーティープラス)と言います。Certified Technical Trainerの略称です。

 

 知識テスト(CBT)と実技テスト(PBT)の2つのテストに合格すると資格認定が受けられる資格です。

 詳しくは、資格認定団体のCompTIA(コンプティア)のホームページに掲載されておりますので、そちらをご覧ください。

 



(3)講師スキル


この講師資格で、提示されている講師スキルは、どのようなものでしょうか?

 



 『受講者中心主義』の考え方に沿って、5領域12スキル基準でまとめられている内容になっています。詳しくは以下ご覧ください。

 



(4)資格試験の難易度


この講師資格は、どのくらい難しいですか?

 



 正直に申し上げますと、難易度の感覚は人それぞれで、一概には言えません。


 英語から翻訳された知識テストに戸惑われる方が多いですが、それ以外は弊社の指導ポイントに沿ってお取組みいただければ問題ありません。


 実際にお受けいただいた方の「インストラクター資格・合格者のお声」を掲載していますので、これらのお声からこの資格の温度感をつかんでくださいませ。



(5)講師資格の受験費用


この講師資格の受験費用は、どのくらいですか?

 



 2018年11月現在で以下の費用となっております。

 

1)知識テスト(CBT)約4万円(税込み)

2)実技テスト(PBT)約4万円(税込み)

 

※受験費用は改訂されることがありますので、コンプティアのホームページにてご確認ください。



(6)合格率


合格率は、どのくらいでしょうか?

 



 過去の実績のおおよその合格率を以下に示します。

 

・知識テスト(CBT)正解率80%以上:80~90%

・実技テスト(PBT)48点中36点以上:98%

 

 特に知識テスト対策には、Web問題集をご活用いただいていますが、問題を暗記すると不合格となりやすようです。

 『受講者中心主義』の考え方の軸を自分自身持てるようになると、合格しやすくなるようです。



(7)取得期間の目安


講師資格は、通常どのくらいの期間で取得できますか?

 



 弊社の資格取得支援サービスでは、初回の研修参加日から書類提出までに合計約3ヶ月間かかります。約3ヶ月間の内訳は以下です。

 

1)初回研修へのご参加(2日間)

)研修企画レポートの記述&ビデオ撮影準備(1ヶ月間)

)インストラクションビデオ撮影(2日間)

4)研修報告レポートの記述(2週間)

5)知識テストの準備・受験(1ヶ月間)

6)書類提出

 

資格団体への送付タイミングがよければ、2ヶ月で取得される方もいらっしゃいます。



▼講師資格の関連情報

 その他、この講師資格についてご不明な点やご質問などがございましたら、お気軽にお問合せくださいませ。