書籍1:組織内研修の極意

書籍の概要

 組織内で研修を担当する方のために、講師が知っておくべきことを12のスキルでまとめました。新人研修、階層別研修、管理職研修、業務知識研修等で組織内研修を予定している方にとって、「準備-実施-評価」全体を網羅したスキルになっております。本書をお読みになり、12のスキルのうちの自己課題を意識して、実践経験を積み重ねてください。講師スキルがより高まり、社員の理解も促進されます。

書籍名 組織内研修の極意 ~講師が知っておくべき12のスキル~

著者  佐野 雄大, 冨田 伸一郎, (株)ウチダ人材開発センタ

発売日 2016/8/9

定価  \3,800円+税(税込4,104円)

大型本 B5サイズ/160ページ

販売先 ウチダ人材開発センタ

目次

■オリエンテーション 12のインストラクタースキルを理解する前に

 1.1  想定する読者

   1.1.1    研修部のインストラクター

   1.1.2    研修部の責任者

   1.1.3    専門知識を持った現場側の企業内インストラクター

   1.1.4    その他のインストラクター、その他のコース

 1.2  受講者中心主義について

 1.3  3つのインストラクタースキル領域

 1.4  12のインストラクタースキルについて

 1.5  インストラクターを中心にした登場人物

 1.6  本書の活用方法

   1.6.1    あなたがインストラクターの場合

   1.6.2    あなたがインストラクターを育成指導する責任者の場合

   1.6.3    インストラクタースキルの知識をより確実にしたい場合

 1.7  本書で使用される用語について

<分野1>コースの事前準備

 1A  コース概要書とコース実施情報を確認し、コースを調整する

 1B  コース環境を確認し、準備する

<分野2>コースの進め方と教育媒体

 2A  コースの進め方を検討し、計画をする

 2B  コースの進め方に沿った教育媒体を用意する

<分野3>インストラクターの信頼性と優位性

 3A  受講者に信頼されるように振る舞う

 3B  受講者が理解しやすいプレゼンテーションを行う

<分野4>受講者グループとの効果的なやりとり

 4A  受講者中心主義を念頭に、受講者の参加を促す

 4B  受講者がコースに積極的に参加するための発問を活用する

 4C  受講者の様子を観察し、必要な追加説明・追加支援をする

 4D  受講者の個性を考慮し、やる気を高める工夫をする

<分野5>コースの評価

 5A  受講者の達成状態を評価する

 5B  コースの実施要素を振り返り、報告する

<付録a>実践のポイント

 a.1  コースの実施機会を活かして成長する考え方

<付録b>認定資格の概要


「組織内研修の極意」は、社内研修を担当する方用に、「CTT+COMPLETEテキスト(2008)」を改訂して出版しております。予めご了承のほどよろしくお願い申し上げます。