「仕事に慣れた、3年未満の新人・若手に伝えておきたい能力開発に関する3つの留意点」


 新人・若手が自分の業務に慣れて後に、適切に成長するために大切な案内を3つのポイントでまとめました。

 

 貴社内への「人材開発ポリシー」のご案内時に、その新人・若手の誤解をできるだけなくし、適切な能力開発を促すことによって、その後の人材開発施策が効率的、効果的に進みます。



新人・若手の誤解(1)


 新人研修が充実していることはよいことですが、その反面、新人・若手に学校教育と同じようなイメージを持てれてしまうことがあります。



伝えておきたいこと(1)


 企業の研修は、方針に沿った大きな課題に対して設定されます。したがって、あなたができていることにもかかわらず、必須研修として設定されることがあります。  

 

 また、あなたができていないことなのに、研修として設定されないこともあります。

 

 したがって、自分の能力開発は、組織に大きな期待をせず、自分の責任で行う意識を持ちましょう。



その他、伝えておきたいこと


 その他、新人・若手に伝えておきたいことが2つあります。

 

(2)研修起点的な能力開発

(3)業務意識的な能力開発

 

 詳しくは以下のダウンロード資料をご覧ください。



 新人・若手が適切な成長するための大切な案内

「仕事に慣れた、3年未満の新人・若手に伝えておきたい

能力開発に関する3つの留意点」