(2)組織内講師からよく聞くお悩み


我流・自己流


 組織内講師の方からよくお聞きする主な悩みは、以下の2点です。

 

(1)研修スライドに関して

(2)講師の言動に関して

 

 そして、その次に出てくるのは、「ここまで我流・自己流でやってきたので・・・」という言葉です。



お悩みの原因


 なぜ、この段階で、我流・自己流に気づくのでしょうか?

 

 これは当たり前と言えば、当たり前です。研修をやりたての時は、研修内容を話すことに意識がいっていて、受講者がよく見えていないからです。

 

 話すことに慣れてくると、受講者の表情などがよく見えてきます。もっと言えば、反応がない様子がよく見えてくるのです。

 

 その結果、研修スライド、自分の話し方などが気になってしまうのです。いままでの指導経験から言えば、右図の3つの不足があります。やりはじめのころは、この3つの不足があるということにきづけないのです。



理想の講師に近づく対策


 私たちの提唱する理想の講師に近づける対策は、シンプルに3点です。その3点を図の表記とは違った言葉で言います。

 

 1)受講者把握を含めた研修プロセスに取り組む

 2)講師スキルは、1つ1つ具体的な言動として練習する

  *「ファシリテーションスキルを高める」などと大まかな

   概念を言って練習しない

 3)自分で実践した結果を振り返る。そして教訓をためる

 

 この3点を意識し続け、研修機会を増やせば、早い段階で受講者の頭に研修内容が残る講師になれるでしょう。