インストラクター国際資格CTT+合格体験記

【インストラクター国際資格CTT+】・合格者のお声


メンバーと協力して合格!仲間さん

項目

<記述欄>

お取組開始月

2012年10月

合格月

2013年1月

CBT点数

(秘)/655点以上合格

PBT点数

39点/36点以上合格

(1)合格した感想を

ひとことで言うと?

・久しぶりの資格取得なので「嬉しい」という実感です。またグループメンバーで協力して取り組めたことも良かったです。個人的には3Bのインストラクションスキルで加点されたことが自信につながっています。

(2)お取組の中で

特に注力した点は?

 

・フォームCの記入には時間をかけました。その中でも1Aに相当するコース前準備の記述は、受講者の背景を具体的かつ詳細に記述し、受講者は個々の特徴や課題感を明確にして記述することを意識しました。結果、1Aは加点をもらえました。

(3)合格するための

3ポイントは?

1)CBTは、eラーニングを100点近いレベルがアベレージになるまで徹底的に繰り返しました。

2)PBTは、テストを受けている、ビデオを撮影しているという意識を排除し、純粋に研修講師になりきってインストラクションや受講者に集中すること。

3)PBTは、受講者との接点を多く持ち、都度受講者の理解を確認しながら進めること。またグループワークでは受講者と積極的に絡みワークを円滑かつ雰囲気をよくするように振舞うと4Aは加点されるように思います。

(4)ここに注意した

方がいいよ!

 

 

・CBTは、eラーニングの問題よりも表現が難しい(おそらく英訳しているから)、したがって問題文を読み理解する時間がかなりかかり、余裕がない。自分なりのペース配分を決め、常に5問程度のアドバンテージを持って進めること。

 

(5)実際の講師業務においても役立つことは何ですか?

 

・PBTのビデオを見てフォームCを記述しましたが、自分のインストラクションを見て、このように振舞うと受講者にはこのように見えるという客観的な意識ができました。

(6)その他、言っておきたいこと

 

・コンプティアのサイトは、登録を含め何度もアクセスすることになりますが、とにかくわかりにくかった。今回は周囲に受験者がいたので、お互いに情報共有しながら取り組めました。


6名様のお声